LOG IN

ブース出展者の紹介(3)村上茶・雪国紅茶|冨士美園(ふじみえん) 

by 新潟お茶フェスティバル 2018スタッフ


北限の茶処と呼ばれる村上。「村上茶」は江戸時代初期の1620年に始まり、もうすぐ400年―。江戸後期から明治時代に最盛期を迎え、輸出用の緑茶や紅茶の生産もしていました。本来、暖かい気候を好む茶の樹にとって新潟の冬と積雪は過酷な環境です。ですが、雪の下でジッと養分を蓄え、春にその栄養分を一気に新芽へおくり、まろやかで香り高いお茶となります。また、病害虫が越冬し難く、農薬の使用は最小限に抑える事が出来ます。(一部、農薬、化学肥料不使用)


|商品の紹介|
🍵「村上茶」…江戸時代から続く茶の樹の子孫、樹齢100年以上経つ「在来種」は独特の香味で黄緑色に出るお茶です。また、2001年より栽培を始めた「新品種」のお茶は渋味の中にもうま味のある濃厚な味わいです。
☕️「雪国紅茶」…2004年に約100年ぶりに復活させた村上産の紅茶です。渋みが少なく海外の紅茶には無い味わいです。

|茶園の紹介|
創業明治元年。2018年(平成30年)150年を迎えます。創業以来、お茶一筋、村上茶の「栽培」「製造」「販売」を手掛けてまいりました。
3ヘクタールの自社栽培と1ヘクタールの契約栽培の茶畑から緑茶、紅茶の各種を製造。現在の代表六代目は日本茶インストラクターでもあり、全国各産地から選りすぐったお茶をその年ごとにブレンドし、村上茶と合わせたりもしています。
また、お茶の伝統的技法である「手もみ茶」の技術を取り入れ、茶葉にとって最適な加工を製茶機械で行い、茶のうま味を十二分に引き出して製造しています。
土造りから製造まで一貫して行う事で生み出す冨士美園の味をお愉しみください。

冨士美園 株式会社
所在地:〒958-0844 村上市長井町4-19
TEL:0254-52-2716
mail:info@fujimien.jp www.fujimien.jp 
定休日:1月1日
開店時間:8~19時
Facebook:https://www.facebook.com/fujimien/
HP:http://www.fujimien.jp


新潟お茶フェスティバル 2018スタッフ
OTHER SNAPS